血糖値を下げる食品

高血糖を改善する食生活とは?

※「食後は血糖値が上がります」からの続きです。

血糖値が下がらない人たち
食事の後というのは誰もが皆、血糖値が上昇します。

でも健康な人は、その後徐々に下がって正常値に戻るわけです。

ところが血糖値が下がらない人たちが居るんですね。それではなぜ血糖値が下がらないのでしょうか?血糖値が下がらない人というのはインスリンの分泌量が不足している状態にあるからなのです。


私たち人間が活動するためにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギーはインスリンが血液中のブドウ糖から創りだしてくれるのです。

ところがこの大切なインスリンが不足してしまいますとブドウ糖はエネルギーに変わることなく蓄積されて高血糖の状態になってしまうわけです。


塩分や脂質が多い食べ物は控えましょう
さてここで、食べ物の栄養素が血糖値にどのような影響を与えるかということについてご説明してみたいと思います。

食べ物の中には血糖値を上げてしまうものがあります。具体的には高エネルギーなもの、塩分や脂質がたくさん含まれている食事が該当します。

いわゆる「こってりした食べ物」といわれるようなものが該当します。このようなものばかり食べていますと高血糖になり、そして糖尿病への道を進むことになるでしょう。


糖質が高いとされるものにお酒や甘い物がありますが「私はお酒も飲まないし、甘い物も食べません」という人は大丈夫なのでしょうか?

いえ、ここで安心してはいけません。塩分や脂質にも充分に気をつける必要があります。

高血糖や糖尿病を予防するためには栄養バランスのとれた和食を中心とした食事内容で尚且つ腹八分目という食生活を送ると良いでしょう



TOP PAGE