血糖値を下げる食品

血糖値が高くなる原因

食事に問題あり
血糖値が高くなる原因の多くは、食事に問題があるからです。

そもそも食事をするという行為は、食べ物を分解することで糖分を生み出すことになります。

そしてその糖分はカロリーとして消費されるわけなんですね。

食べ物が分解されて糖分が生み出されるということは、当然のことながら人間は皆、一時的にせよ食後に血糖値が上昇することになります

ただ一旦上昇した血糖値も、健康体であればその後は徐々に下がっていくはずです。下がらない人は、何処かしらに問題を抱えているということになりますね。そう、糖尿病患者の人のようにです。


エネルギーとして消費しきれない血糖
糖尿病患者は、血糖値が下降せずに高い数値で推移し続けます。糖尿病患者や高血糖の方の最大の問題点は、血液中のブドウ糖濃度が異常に高い状態、常に血糖値の高い状態で推移することなのです。

健康体の人は血糖値が下がるのに、なぜ下がらない人が存在するのでしょうか?元々血液中の血糖はエネルギーとして消費されるべき存在なんですね。


ところが飽食の時代と言われる現代社会に起きましては、摂取カロリーと消費カロリーのバランスの崩れている方たちがたくさんいらっしゃるということなのです。

もちろん摂取カロリーよりも消費カロリーの方が常に多ければやせ細って、やがては命の危機にまでたどり着きかねません。

その反対に、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多い場合はどうなるのでしょうか?エネルギーとして消費できなかった血糖は血液中に残留することになります。そうすると血糖値が高くなってしまうんですね。


※こちらに続きます。
>>>インスリンの分泌不足で血糖値が高くなる



TOP PAGE