血糖値を下げる食品

インスリンの分泌不足で血糖値が高くなる

※「血糖値が高くなる原因」からの続きです。

エネルギーとして消費されるはずの血糖が
問題のある食生活を続けていますと血糖値が高くなってしまいます。

本来、血液中に存在する血糖はエネルギーとして消費されるものです。

ところが日々、必要以上に食べてしまいますと血糖が消費しきれずに血液中に残留してしまいます。


さて糖分は分解されてエネルギーになるわけですが、体内で正常に分解されるためにはインスリンの存在が不可欠になります。

この肝心のインスリンの分泌量を必要なだけ確保できないと、やはり血液中の糖分は分解されませんので蓄積されてしまい血糖値が下がらない高血糖の状態になってしまうわけなのです。


問題がありすぎる生活習慣
インスリンの分泌量につきましては、遺伝として体質を引き継いでしまって糖分を分解できない先天的な糖尿病の方もいらっしゃいます。

しかし今の時代の糖尿病患者の多くは、生活習慣に問題があって発症しているのが現実です。まさに生活習慣病の典型的な姿と言っても良いかもしれませんね。

先天的な糖尿病の方は如何ともし難いものがありますが、そうではない方たちは症状の軽いうちに生活習慣を改善して血糖値を下げる努力をするべきでしょう。


血糖値が高いと言いましても初期の段階であれば充分に改善が可能なはずです。

糖尿病の方はもちろんのこと、その予備軍と言われるような方たちは糖分の多いものをたくさん食べるとか、高エネルギーの食生活を続けるような危険な行為は、是非改善していただきたいと思います

ただし、あくまでも摂取カロリーと消費カロリーのバランスの問題ですから、毎日相当量の運動をこなしている方はこの限りではありません。



TOP PAGE