血糖値を下げる食品

血糖値を下げるポリフェノールとは?

5000種類以上もあるポリフェノール
皆さんもポリフェノールという言葉は聞いたことがあると思いますがいかがですか?

ここ数年来、健康に良いと言われる成分のことで何かと話題になっております。

例えばミントポリフェノールは花粉症の症状を緩和させる効果があると言われております。


そもそもポリフェノール (polyphenol))とは、ポリ(たくさんの)フェノールという合成語で、植物の中で光合成によって生成される色素や苦味の成分のことです。

ポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれておりまして種類もまた多様で種類としましては実に5000種類以上も存在しているということです。


血糖値を下げる海藻ポリフェノール
このように多種多様なポリフェノールの中には、抗菌、抗酸化、肝機能の向上、血圧降下作用、花粉症の症状を抑制する、女性ホルモンのバランスを調整するなどの効果が認められるものが存在するんですね。

そして血糖値に関係するものとして、糖質の吸収を抑える働きのあるポリフェノールもあるということなのです。糖質の吸収を抑えてくれるということは、当然血糖値を下げる効果を期待しても良いという事になるはずです。

さてポリフェノールは5000種以上も存在するわけですが、この中で血糖値を下げる効果のあるものはどれなのでしょうか?


血糖値を下げる効果のあるポリフェノールで今、注目を集めているのは海藻ポリフェノールです

海藻ポリフェノールは、糖質分解酵素を阻害します。糖質分解酵素を阻害するということは、結果として血糖値を下げるということになります。

このようなメカニズムを有することで海藻ポリフェノールは血糖値を下げる効果を期待できるわけですね。


※こちらに続きます。
>>>血糖値を下げる各種のポリフェノール



TOP PAGE