血糖値を下げる食品

飲酒は血糖値を上げますか?

「おつまみ」に問題があります
飲酒も、本当に程々で済ませる分には健康に良い面もあるでしょう。

でも、多くのお酒飲みの方は程々で済みませんよね。

二度とお酒は飲むまいと心に誓うこともある二日酔いの経験は、お酒を飲む人は誰もがお持ちではないでしょうか?


飲酒という行為は、血糖値にもあまり良い影響はありません。特にお酒には付き物の「おつまみ」に問題があります。

お酒を飲む時のおつまみを思い出してみてください。塩分量の多く含まれているものが多いですよね。そんなおつまみを食べていると、ついついお酒の量も増えてしまいがちです。


「おつまみ」に問題があります
仮にエネルギーの低い低アルコール飲料を飲んだとしても、量をたくさん飲んでしまえば結果として高エネルギーになってしまいます。

そうすると必然的に血糖値は上昇することになります。

血糖値のことを考えれば、できればお酒は控えた方がよいのですが、それが難しい場合は予め飲酒量を決めておくとよいでしょう

そしてお酒は毎日飲んではいけません。血糖値のことだけではなく肝臓のためにもお酒を飲まない日、要するに休肝日を設定しましょう。


楽しく飲むお酒はストレスを発散させてくれます。ストレスの解消には有効なのですが、やはりついつい飲み過ぎてしまう人の方が多いのではないでしょうか?

そんなことを考えますと、やはり休肝日の設定は非常に大切になってまいります。

飲酒によってアルコールを摂取するということは、血糖値を上昇させてしまうということをもっと認識していただきたいと思います。

※【関連記事】
>>血糖値を上げる食品は控えましょう<<



TOP PAGE