血糖値を下げる食品

糖尿病のリスクが高まる高血糖

※「血糖値が高いとどうなるの?」からの続きです。

合併症を引き起こす糖尿病
糖尿病が引き起こす合併症は、命に関わる重篤な病気ばかりですが場合によっては深刻な後遺症が残るケースもあります。

糖尿病が原因となって発症する可能性のある合併症とは下記のようなものがあげられます。

【糖尿病の三大合併症】
(1)腎症
(2)神経障害
(3)網膜症


上記の三大合併症個々にご説明します。


(1)腎症・・・腎症を発症しますと、腎臓が機能不全に陥りますので人工透析を行う必要が出てまりまします。またこの人工透析は生涯にわたって続けなければならなくなります。

要するに人工透析を行わなければ生きていくことができなくなってしまうわけであります。

(2)神経障害・・・神経障害に陥りますと、手足などの身体の先端が壊死する可能性が出てまいります。そうなうると手や足の切断という恐ろしい事態が想定されるようになってしまうのです。

(3)網膜症・・・網膜症を発症すると失明の危険が出てまいります。


以上のように、糖尿病が引き起こす合併症は恐ろしい物ばかりなんですね。だからこそ血糖値を抑える予防が大切なのです。

また糖尿病は血管の病気とも言われておりまして、血管に障害が発生する可能性もあります。その結果、動脈硬化や心筋梗塞というこれまた命に直結するような病気を引き起こす危険性も高くなります。

血糖値が高い状態で推移するということは、合併症を発症する可能性が非常に高くなる糖尿病を発症する危険が限りなく拡大する、あるいは手遅れで既に糖尿病を発症しているかもしれないということになります



TOP PAGE