血糖値を下げる食品

血糖値測定器で毎日測りましょう

※「血糖値はどうやって測るのですか?」からの続きです。

血液に電気を通して測る血糖値
血糖値測定器は色々なタイプがありますが、どれも基本となる原理は同じです。

血糖値測定器の原理は血液に電気を通すことでどれだけの電気が流れるかチェックすることで血糖量を測定することになります

具体的には、グルコースオキシダーゼと呼ばれる酵素をチップやセンサーに付着させて血液に触れさせます。

そうすると血液のなかにあるブドウ糖と反応することで過酸化水素が生成されて、そこから電気的、あるいは比色定量によってブドウ糖の濃度を測定することができるのです。


指に針を刺して測ります
血糖値測定器の多くは、手に乗せることができるくらいの大きさです。この測定器の針に、自分で指をあててスイッチをオンにすると指先からは血がでますので、その血球をチップなどに吸収させることで小型のマシンが自動的に測定した上で結果を表示してくれます。

「えっ、自分で指に針を刺すの?」などと遠慮してしまう方がいらっしゃるかもしれませんね。でもご安心下さい。最近の血糖値測定器はほとんど痛みなしで測定することができます


それでも、どうしても無理だという方は、針を刺さないタイプの測定器がありますので、こちらを使うと良いでしょう。

血糖コントロールを実行しようとすれば、血糖値の測定は必須項目となります。特に生活習慣病に不安がある人、それに加えて中高年以上の人たちは血糖値を毎日測定して管理するべきだと思います。

ちなみに血糖値の測定は、毎日同じ時間に起床時の何も食べていない状態と、食後2時間経過した時に実施するとよいでしょう。



TOP PAGE